認知症予防におすすめサプリメント決定版!成分を徹底分析

認知症予防サプリランキング

 

認知症に予防に良い成分を含んだサプリメントをランキングにして紹介します。

 

サプリメントというと良いイメージがあまりない方もいますが、確かに薬ではないので「確実に効果が認められているわけではない」というの現状です。

 

しかし、薬だから効果が必ず効果あるということもありません。

 

よく熱を出したり、風邪を引くと薬局などに売っている医薬品の風邪薬などを飲、あれが確実に効果があったという試しが私は今までありません。

 

むしろ薬なので、強めの成分などを含んでいる場合があるので、逆に副作用を起こしてしまう可能性もあります。

 

サプリメントの場合は摂取量を守れば副作用がでることがほとんどありませんので、副作用が心配な方には薬よりサプリメントを進めているお医者さんもいらっしゃいます。

 

テレビで話題の高純度サプリ「プラズマローゲン」

TVの「夢の扉+」でも取り上げられて話題の成分「プラズマローゲン」を配合したサプリメント。今までのプラズマローゲンサプリメントは鶏胸肉から抽出していたのですが、プラズマローゲンが1,5倍近く含まれている「ホタテ貝」からの抽出に成功して、私達のアタマの中で働いている「プラズマローゲン」により近くなりました
通常価格は1個あたり13,500円ですが、今ならなんとラクラク毎月便で1,350円引きでラクラク3ヶ月便だとラクラク毎月便の倍の2700円引きになります。3つで8,100もお得になります。もちろん全国送料無料になっています。
 

 

 

価格(定期便) 容量 評価
10800円 60粒(1日2粒目安) 認知症,予防,サプリメント,

山芋成分「ジオフェルンZ」

ジオフェルsは長寿化とともに増えている「うっかり」を予防してくれると山芋に含まれている成分「ジオスゲニン」を含んでいるサプリメントです。
2015年にはモンドセレクションの銀賞にも輝いていて、テレビや雑誌などでも注目をあびているサプリメントです。
全国送料無料で定期便であれば通常価格の6,480円より1,125円安い5,355円で購入することができます。
それにいつでも変更や休止ができるので旅行などにいっても安心です。
 
 

 

価格(定期便)  容量 評価
5355円 90粒(1日3粒目安) 認知症,予防,サプリメント,

未来のための新習慣「アルツナイン」

アルツナインには脳にいいとされているDHAjでも特に純度が高いと言われているイクラから抽出されたリン脂質と結合しているため溶けやす吸収力が高い「PCーDHA」が入っています。
また米ぬかから抽出される赤ワインなどに含まれているポリフェノールの一種である「フェル酸」も多く含んでいます。これらの成分がすべて入ってなんと、今ならモニター限定価格で通常価格13,800円の所、初回無料のキャンペーンを行っています。また送料無料と代引き手数料も無料なので、本当に初月は無料で試すことが可能です。モニター価格なので、いつ終わるかわかりません。それに返品保証もついているので安心です

 

 

 

価格(定期便) 容量 評価
6980円 90粒(1日3粒目安) 認知症,予防,サプリメント,

しっかりと認知症を予防するために

 

高齢化社会の日本では、認知症もなかなか避けることができない誰もが気になる深刻な病気のひとつです。

 

日常生活の中で、早めの対処で予防できたり、進行を遅らせたりする3つのポイントをご紹介します

 

毎日の食生活で認知症予防

 

脳血管性の認知症は、脳梗塞や脳出血の後遺症から進行していきますが、毎日の食生活で、生活習慣病といわれる高血圧、糖尿病、などになりにくいバランスのとれた食生活を送ることが大切です。

 

塩分や脂肪分の摂りすぎに注意し、血液をサラサラにする成分が含まれている青魚や、野菜に含まれているビタミンやミネラル成分を積極的に摂取しましょう。

 

骨粗しょう症などで骨折してしまうと、思うようにからだを動かすことができなくなったり、活動量も減少し、認知症が進行してしまうリスクが高くなります。
そのような状態にならないためにも、乳脂肪分の少ない牛乳やヨーグルトなどのカルシウムもしっかり摂取することも重要です。

 

毎日の知的行動習慣で認知症予防

 

認知症の中で一番患者数が多いと言われているアルツハイマー型認知症は、アミロイドβなどの特殊なタンパク質が脳の中に蓄積されることにより、神経細胞が破壊され、徐々に脳が萎縮していってしまいます。

 

現時点では、認知症を治す治療薬はありませんが、日常の過ごし方で、進行を遅らせたり、症状を緩和させたりすることは可能です。

 

アルツハイマー型認知症は、急激に症状が出るわけではなく、徐々に脳の中で変化が起きてくるので、家族でも気づかない状態で、進行していきます。

 

料理の手順がわからなくなったり、細かい計算が苦手になったり、なんとなく片づけがおっくうになり、部屋がちらかってきたりなど、あまり病気とは関係があるとは気づきにくい行動などがほとんどです。

 

日常から、対人関係を築いておいて、ひとりぼっちにならないような生活環境を作っておいたり、日記を書いて数日前のことを思い出す機会を作ったりすることも有効です。

 

散歩やサークル、ボランティアなどさまざまな自分に合った活動を通じて、定期的にからだを動かし社会とのつながりを持ち続けることも大切です。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

>>認知症予防サプリを徹底調査!50代からの知的ケアnavi

 

定期的な健康診断で認知症予防

 

生活習慣病は、血管の老化を引き起こすからだの不調だけでなく、認知症になるリスクも高くなるので、からだ全体の健康診断で早期発見、早期治療に心がけましょう。

 

認知症の症状かどうか心配な人は、医療機関に「物忘れ外来」という科がありますので、検査をしてもらい、その後はどのくらいの期間ごとに検査を受けたら良いか一度受診しておくと安心できます。

 

認知症の初期段階と診断されても、症状を緩和させたりする薬を処方してもらうことにより、進行を遅らせたりすることにつながるので、医師の指示のもと、定期的に検査を受けましょう。